鍼灸院コモラボバナー

【移転オープン】三鷹の大人気店『喫茶たからばこ』でいただく“本当に美味い家庭料理”

喫茶たからばこグルメ
この記事は約3分で読めます。
武蔵野徳洲会病院脳卒中MRIチェックドック

2022年1月14日(金)、三鷹駅南口に「喫茶たからばこ」という喫茶店がオープンしました。

むーなび
むーなび

機会があれば「むーなびってやつ見た」と言ってね!

場所は「コミュニティブックカフェ みたかのば」内

喫茶たからばこ

オープンした場所は三鷹駅南口から徒歩14分、「コミュニティブックカフェ みたかのば」内。2021年12月まで三鷹市新川のDIYSTORE三鷹、0100space内で営業していましたが、こちらに移転。

喫茶たからばこ

こちらに行くと連雀通りの方

喫茶たからばこ

こっちに行くと三鷹駅方面

喫茶たからばこ

「やりたい事を・出来る範囲で・出来る限りやりたい!」若店主が運営

喫茶たからばこ
1/14・1/15限定でもらえる店主からのお手紙。

「喫茶たからばこ」は今年25歳を迎える和香奈さんが母と運営する喫茶店。漫画家という夢を持ちながら、『やりたい事をやる』という思いで2021年4月にオープン。こちらでは毎週金曜・土曜のみの出店。

『たからばこ』という店名にも込められていますが、一度きりしかない人生の中で一つのお店との出会い、一人の店主との出会いを大事にしたいという思いが伺えます。

メニュー&店内

喫茶たからばこ
これからメニューは増えていくそう

オープンしたばかりとのことで、メニューは来週以降徐々に増えていくそうですが、現在はお弁当やオムライスといったご飯ものに、スイーツ・ドリンクといった品ぞろえ。

喫茶たからばこ
ソファ席から撮影。

コミュニティブックカフェということで、店内には多数の本が本棚に並び、本を読んでも、作業として利用してもOK。カウンター席や2-3人が座れるソファ席、2人掛け・4人掛けのテーブル席などがあります。

昔ながらの宝箱弁当(850円)

喫茶たからばこ
プレートも来週以降、順次変更していくとのこと。

本日は「昔ながらの宝箱弁当(豚の生姜焼き)」を注文。白米に生姜焼き・茄子・じゃがバター・サラダがぎっしり。「召し上がれ」と店主から掛け声をもらい、いただきます。

喫茶たからばこ

あぁ..美味しいわ..

生姜焼きは味加減が丁度良く、まさにお母さんが作る優しい味。これは白米がすすみます。

喫茶たからばこ

茄子は分厚めに切られ、ごろっと入ったじゃがバターやサラダも一品一品丁寧に作られており、作り手の愛情を感じる味わいです。

全体的にボリュームもあり、味付けは濃くないので、まさに“美味しい家庭料理”をいただける喫茶店。若店主ご一家も明るい笑顔で出迎え・送ってくれる素敵なお店です。あなたも“たからもの”を見つけに行ってみてはいかがですか?


むーなびのショップカードも設置中!興味のある方はチェックしてみてください!


LINEバナー
店名喫茶たからばこ
住所東京都三鷹市下連雀4-6-7
みたかのば内
マップ
アクセス三鷹駅徒歩14分
営業時間11:30~17:00
出店曜日金曜・土曜
外部リンク喫茶たからばこInstagram
みたかのば公式HP
※最新の情報は店舗にご確認ください。

コメント

  1. ガパオライスとても美味しかったです。ここのお料理デザート飲物の盛付や彩りは、宝石箱の宝石を見るような気持ちにさせてくれますね!最初に新川
    オープンした時のフード飲物デザートを変えることなく、流されずガンバレ