鍼灸院コモラボバナー

吉祥寺に「譚仔三哥(タムジャイサムゴー)」って香港の人気米粉麺店が新オープン!

タムジャイサムゴー吉祥寺グルメ

2022年4月14日(木)、吉祥寺に「譚仔三哥米線(タムジャイサムゴーミーシェン)吉祥寺店」という香港発の米粉スープヌードルレストランがオープンしました。香港で人気No.1ブランドと評され、ミシュランに3年連続で掲載された米粉ヌードルレストラン。

むーなび
むーなび

機会があれば「むーなびってやつ見た」と言ってね!

場所は元町通り 靴下屋跡地

タムジャイサムゴー吉祥寺

オープンした場所はコピス吉祥寺などがある元町通り。靴下屋の跡地で吉祥寺駅からは徒歩3分ほど。

タムジャイサムゴー吉祥寺
こちらの道は東急方面。

タムジャイサムゴー吉祥寺
反対側はサンロード方面。

香港人気No.1の米粉スープヌードルレストラン

同店は、米線(ミーシェン)と呼ばれる米粉麺を用いたスープヌードルを提供。そのコク深く旨味が凝縮されたスープの味わいは「記憶に残る味」と評価され、香り・しびれ・辛さ・スパイスの複雑さを豊かに感じられることが特徴。

メニュー&店内

タムジャイサムゴー吉祥寺

ヌードルは、好きなスープ・辛さ・トッピングを自由に選ぶことができ、140万通りの組み合わせから自分だけのお気に入りをみつけることが可能。また、サイドメニューやドリンクも豊富に用意。

麻辣(マーラー)の米線と「トーフェイ・チキン」、そして「香港レモンティー」というのが香港の定番スタイル。トッピングは「豚バラチャーシュー」と「いかボール」「油揚げ」などがおすすめ。辛いものが苦手な方は「番茄湯(トマト)」がおすすめ。

6種のスープ

麻辣(マーラー)
香港で一番人気。花椒(ホアジャオ)パウダーとチリオイルによる辛さと痺れにコクと旨味が合わさった、あざやかで複雑な味の麻辣スープ。
番茄湯(トマト)
女性に大人気。トマトのフレッシュな甘さと酸味にスパイスの豊かな香りがあいまった、タムジャイ自慢の”驚きのトマト”。
清湯(クリアスープ)
全てのスープのベース。なめらかで透明感があり、コクがありながらすっきりとした味わい。
煳辣(ウーラー)
焦がしスパイスの風味が際立つ独特の新しい味で、中毒性あり。
酸辣(サンラー)
酸味と辛みの絶妙なブレンドが食欲をそそるスープ。
三哥酸辣(サムゴーサンラー)
中国のお酢からくる酸味とスパイスの辛味が合わさり、更にそこにコクと旨味が加わって、やみつきになる味。

10段階の辛さ

辛さは10段階からお好みの辛さを選べます。初心者にオススメなのは一番辛さを抑えた10小辣。数字が小さくなるごとに辛さが増加。香港人気は10小辣と5小辣。激辛好きには麻辣スープの小辣がおすすめです。

トッピング
肉、野菜、きのこ、魚介系のボール系など25種類あり、香港では「鶏むね肉」「豚バラチャーシュー」「豚ひき肉炒め」が人気。香港でもシグネチャートッピングとなっている「いかボール」や「フィッシュボール」「三角揚げ」は本国から輸入。


お米と水だけで作られた麺はグルテンフリーで、製造過程で発酵。もちもち&ぷりっと歯切れがよく、たまらない食感。お米から作られるため軽やかでお腹に優しい味わい。

サイドメニュー

タムジャイサムゴー吉祥寺

一番オススメは「トーフェイ・チキン」で、香港で商標登録をしているほどの大人気商品。クミンなどのスパイスをまぶして焼いたチキンは、外はカリっと、中はジューシーで、何本でも食べたくなるほどの逸品。豚バラにニンニクソースをかけた「豚バラチャーシューにんにくのせ」など、お酒にもよく合いやみつきになるサイドメニューも多数用意。日本限定メニューの「丸ごとトマトの黒酢ソース」や「ほうれん草のマスタードソース」なども用意。

ドリンク
タムジャイサムゴー独自にブレンドしたティーベースを使った香港スタイルの「香港レモンテイー」は、あつあつでスパイシーなスープとベストマッチ。レモンをつぶしてお好みの酸味で飲むのが香港スタイル。

タムジャイサムゴー吉祥寺
カウンター席やテーブル席など広い店内

店内は 66席の1フロアで広々とした店内設計。 ファミリーやグループでも気軽に入りやすく楽しい空間づくりを意識しているとのこと。

麻辣マーラー/5小辣

タムジャイサムゴー吉祥寺
しいたけ・豚ロースをトッピングしたので870円

本日は一番人気の麻辣(マーラー)を注文し、しいたけと豚ロースをトッピング。

スープから特に辛い香りはしないですが、口に運ぶとスープのコクと同時にチリオイルと独特の香辛料の痺れと辛さを堪能。麺はモチモチで歯切れのよい米粉麵で、癖になります。

■トーフェイ・チキン(380円)

タムジャイサムゴー吉祥寺

スパイスをまぶして焼いたチキンは、外はカリっと、中はジューシー。ヌードルとはまた違った辛さを味わうことができます。

■香港レモンティー(280円)

タムジャイサムゴー吉祥寺
若干甘めのレモンティー

そんな痺れと辛さと相性が抜群なのが、レモンティー。下にレモンが入っているのでお好みでレモンをつぶしながら飲んでみてください。

■■あわせて読みたい■■

LINEバナー
店名譚仔三哥米線(タムジャイサムゴーミーシェン)
吉祥寺店
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-10 1F
マップ
アクセス吉祥寺駅徒歩3分
TEL未定
営業時間11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日未定
外部リンク公式HP
Twitter
Instagram
※最新の情報は店舗にご確認ください。

コメント