武蔵野徳洲会病院脳卒中MRIチェックドック

ハリネズミパンが話題!生地がとにかく美味しい武蔵境「ラ ブランジェリー ポリーヌ」

ラ ブランジェール ポリーヌグルメ
この記事は約3分で読めます。

むーなびが実際に食べたものを紹介する【むーなびグルメ】!本日は、武蔵境のパン屋「La Boulangere Poline(ラ ブランジェリー ポリーヌ)」のパン!

生地がとにかく美味しいパン

はりねずみ(155円)

Polineと言えば、はりねずみパン。はりねずみ型のチョコパンで、チョコチップで作られた目&鼻にハリ部分はアーモンドで再現。

ラ ブランジェール ポリーヌ

しっとり弾力ある生地に、滑らかなチョコカスタードクリームがたっぷり。チョコチップも入っているのでそのザクザクとした食感が飽きさせない。

チョコクリーム自体は甘すぎず、ハリ部分のナッツとのコンビネーションも良い。可愛らしい見た目ですが、味は本格的なパン。


おまめもちあんぱん(145円)

手のひらサイズに反したそのずっしりとした重量感にびっくり。

ラ ブランジェール ポリーヌ

粒あんと求肥入りで外のお豆もなんと小豆。こんなリアルに再現できるのかと思うほど、生地はもちむち食感で本物の大福のよう。厚みも薄めでその分甘いあんこがたっぷり。

手のひらサイズなのにこれ1個でかなり満足感あり。大福好き、もちもち好きの方にはぜひ食べて頂きたい一品。

おおばチーズ(192円)

スタッフさんオススメの人気パン。一旦レンジで数秒温めてから食べてみます。

ラ ブランジェール ポリーヌ

ハード系のパンはハード過ぎずしっとりしてる。かなり美味しい。ハード系パン特有の少し乾燥しているようなイメージが払拭されるくらいのしっとり感。

具材はダイス型チーズとドライトマトに、そこに大葉がトッピング。チーズはかなり濃厚で、ドライトマトの酸味、大葉の爽やかな風味もお互いを引き立て合うように存在。

メニュー&店内の様子

現在コロナ感染対策のため、一度に入店できる人数は最大3名まで。

店内には所狭しと美味しそうなパンたちが並んでいます。食パンやカレーパン、あんぱんといった定番からミートパイや低温長時間発酵のフランスパンなど種類豊富。

ラ ブランジェール ポリーヌ

「La Boulangere Poline」の場所はどこ?

ラ ブランジェール ポリーヌ

「La Boulangere Poline」の場所は武蔵境駅北口エリア、武蔵境駅からは徒歩6分ほどの場所。アジア大学通り沿いにあり、すぐ近くにはノリズコーヒーがあります。

店名ラ ブランジェリー ポリーヌ
住所東京都武蔵野市境2-8-4
マップ
アクセス武蔵境駅徒歩6分
TEL0422-56-0068
営業時間10:00~18:00
※売切れ次第終了
定休日月曜・火曜
外部リンク食べログ
※最新の情報は店舗にご確認ください。

■■あわせて読みたい■■

コメント

  1. ねずみかわいい。。