武蔵野徳洲会訪問看護ステーション

【深夜営業】夜中にどうしてもラーメンが食べたい!そんな時は武蔵境「大龍」へ

大龍グルメ

むーなびが実際に食べたものを紹介する【むーなびグルメ】!本日は、武蔵境にある深夜OKのラーメン屋「大龍」のみそらーめん&油そば!

むーなび
むーなび

機会があれば「むーなびってやつ見た」と言ってね!

みそらーめん(750円)

具材は、豚こま・ほうれん草・玉ねぎ・ネギとドザっと盛られたもやし。女性でお腹一杯になるくらいのボリューム感。ネギやにんにくの匂いは気にならないので、お昼時に食べても問題なし。

特製味噌タレで作られたスープは、濃厚だけれどもしつこすぎない優しい味。飲み込んだ後に時差で来る若干の辛みもクセになりそう。スパイス系が少し入っているのか、普通の味噌らーめんと風味が違う独特な味わいで、たっぷり入った野菜との相性は言わずもがな…。

やや細めの歯切れのよい自家製麺。スープが染み込んだ野菜と一緒に絡めて食べるのが最高ですよ。あったかいらーめんで冷えた体が一気にポカポカに。懐かしく優しい味噌らーめんを食べたい時にぴったりなラーメン店でした♪

あぶら~めん(550円)
/大盛り+100円

大龍
+100円で大盛りにして注文!

チャーシュー・ほうれん草・メンマ・ネギとオーソドックスなトッピングだが、特筆すべきはドゥルドゥル麺!コシが強く、かなりモチモチ。こんなに麺のモチモチ感が口の中に残ったのは初めて。味は良い意味で濃すぎないので、卓上の醤油やラー油などで自分好みに味変するのもオススメ!

大盛にしても650円というお財布に優しい価格設定も嬉しいポイント。

LINEバナー

メニュー&店内

定番らーめんは、みそ・しょうゆ・塩・バターの4種。他に、チャーシューめんやワンタンめん、みそバターコーンシャーシューという贅沢な一品も。トッピングは5種類あるので自分好みにカスタム可能。

らーめん以外にも、つけめんやあぶらーめん(油そば)も用意。あぶらーめんは550円というかなりお手頃価格で学生さんにおすすめな一品。

大龍

奥に細長い店内はカウンター8席のみ。口頭でオーダーするスタイルです。餃子用のラー油や醤油、味変用のブラックペッパーや七味などが卓上に常備。

現金だけでなくPayPayでのお支払いも可能。深夜1:00まで営業しているので、飲み帰りや深夜ラーメンにかなり重宝するお店かと!

「大龍」の場所はどこ?

「大龍」の場所は武蔵境駅nonowa口から南へ抜けた徒歩1分のところ。テーブルシェア ざのば(炭火焼鳥 煙確堂)の向かい。

こちらの道は武蔵境駅方面。

反対側を進むと天文台通りにつきあたります。通り沿いには炭火焼鳥ゆうがあります。

左:テーブルシェア ざのば(炭火焼鳥 煙確堂) 右:大龍
店名大龍 武蔵境店
住所東京都武蔵野市境南町2-1-20
マップ
アクセス武蔵境駅(nonowa口)徒歩1分
TEL0422-31-0190
営業時間11:30~翌日1:00
定休日火曜
外部リンク公式HP
※最新の情報は店舗にご確認ください。

■■あわせて読みたい■

コメント