武蔵野徳洲会病院脳卒中MRIチェックドック

武蔵境桜堤の“なりわい賃貸住宅”「hocco」がついに完成! 住と商の共存

hocco不動産
この記事は約3分で読めます。

2021年10月1日(金)、ついに武蔵境桜堤に複合施設「hocco(ホッコ)」が完成したので、早速行ってきました!

“暮らしの「町あい所」”をコンセプトとする新たな複合施設

HPより

「hocco」とは、株式会社小田急バスが始めた新事業「なりわい型賃貸住宅プロジェクト」。”なりわい賃貸住宅”を核に、シェアカーやシェアサイクルを有する地域コミュニケーションの拠点として、小田急バス沿線の地域活性化を目指し開発された複合施設です。

住と商が共存する「やってみたい」から始まるなりわい暮し

「hocco」では、自宅の玄関スペースで自分の好きなものを販売したり、得意なものをふるまったりすることで、今までにないアクティブなコミュニティを目指しているとのこと。

ホッコ桜堤
HPより

賃貸住宅棟は、店舗兼住居用が5戸、住居が8戸あり、敷地を囲むように配置。(2021年10月1日より入居可能)

hocco内の様子

入居者同士や地域の人々とのコミュニケーションを活性化するため、店舗兼住居部屋には土間スペース(約6畳)が設けられています。そのスペースを利用し、カフェや雑貨販売、野菜販売などの「なりわい」を営むことが可能。(※各部屋の詳細はコチラから)

住居は全戸で土間を大きくしたレイアウトになっており、各々の得意な趣味や芸術を発信できるアトリエとして活用できるそう。

店舗兼住居タイプ(HPより)

店舗兼住居

HPより

住居

HPより
HPより

主な設備は、宅配ロッカー、シェアカー「EveryGo」1台配置、シェアサイクル「HELLO CYCLING」のラック5台分設置といったものがあるみたい。

シェアカー「EveryGo」
シェアサイクル「HELLO CYCLING」
Amazon Hub ロッカー

さらに共用スペースを設けることで、キッチンカーの出店やイベントなども積極的に行える環境にし、地域の方が身近で立ち寄りたくなる場所にしていくことを目指しています。

撮影時来ていたキッチンカー

場所は武蔵境 桜堤団地

「hocco」の場所は、武蔵境桜堤団地付近。

2021年10月1日の開業日にあわせ、敷地内に新たなバス降車場「桜堤上水端 hocco」を設置。武蔵境駅からはバスで12分ほど。

バス停

Nさん、情報提供ありがとうございました。

店名複合施設「hocco」
住所東京都武蔵野市桜堤2-6-19
マップ
アクセス武蔵境よりバス12分
小田急バス「桜堤上水端 hocco」下車すぐ
TEL03-3541-5888
※入居に関する問い合わせ先
外部リンク公式HP
※最新の情報は店舗にご確認ください。

■■あわせて読みたい■■

コメント