丸井吉祥寺店ノートパソコン大販売会

【老舗喫茶店】文豪に愛された歴史を引き継ぐ吉祥寺「茶房武蔵野文庫」

茶房武蔵野文庫グルメ

むーなびが実際に食べたものを紹介する【むーなびグルメ】。吉祥寺の老舗喫茶店「茶房武蔵野文庫」をご紹介。今回は、学生ライター まき がお届けします!

作家や芸術家も出入りしたと言われる喫茶店「早稲田文庫」。1984年に閉店してしまいましたが、雰囲気・味を継承し吉祥寺に「茶房武蔵野文庫」を開業。歴史を感じる喫茶店でゆっくりしませんか?

焼きりんご(700円)

10月~2月しか味わえない冬季限定メニュー『焼きりんご』は、りんごの芯を抜き、レーズン・ラム酒・ザラメを入れてオーブンで焼き上げる秘伝の逸品。

茶房武蔵野文庫

シナモンの匂いがふわっと香り、口に入れるとりんごの甘酸っぱさを感じます。シャキシャキと噛んでいくうちに、シロップやシナモンの風味が口に広がる。

皮がフォークで切れるかきれないか、絶妙な触感。生クリームは口の中ですぅと消え、まるで魔法にかかったような口溶け。中に入っている甘いレーズンや生クリームが、りんごの酸っぱさをまろやかに変化させます。

クリームソーダ(750円)

開店当初からの定番メニュー『クリームソーダ』。

茶房武蔵野文庫
氷が細かく砕かれており、クリームソーダ独特のシャリシャリ氷を存分に楽しめる。

レモン風味のソーダ水の上に、牛乳屋さんのバニラアイス。甘いレモンシロップは、青春時代を思い出すような甘酸っぱさ。アイスは濃厚なバニラ風味で、甘味がじんわり体に染みわたります。

茶房武蔵野文庫

甘いクリームソーダと、焼きリンゴで飽きてしまうかと思いきや…

夏を感じるさっぱりクリームソーダと、シナモン香る冬季限定焼きリンゴの絶妙な甘さバランスで、どちらも最後まで美味しく味わうことができました◎

メニュー&店内

茶房武蔵野文庫
食事・スイーツメニュー

カレーや焼きリンゴ・レモンケーキ・おからのケーキは、茶房早稲田文庫時代から受け継いだメニューで、当時からレシピも変わらないそう。

茶房武蔵野文庫
ドリンクメニュー
茶房武蔵野文庫
アルコールメニュー・食器の紹介
茶房武蔵野文庫

店内には、早稲田文庫から引き継いだ蔵書や工芸品が置かれており、壁には井伏鱒二直筆の書が。

「茶房武蔵野文庫」の場所はどこ?

茶房武蔵野文庫

「茶房武蔵野文庫」の場所は東急裏、東急吉祥寺店から2本目の道、西三条通り沿いです。吉祥寺駅北口徒歩5分で、同じ通り沿いにはアムリタ食堂GONZOがあります。

茶房武蔵野文庫

すぐ隣には多奈加亭があり、大きな木の看板が目印。

店名茶房武蔵野文庫
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-4
アクセス吉祥寺駅徒歩6分
TEL0422-22-9107
営業時間10:00~21:00
定休日月曜・火曜
外部リンク公式HP
※最新の情報は店舗にご確認ください。
LINEバナー

コメント