武蔵野徳洲会訪問看護ステーション

武蔵境すきっぷ通りに複数の診療所が入るビルが誕生へ パチンコ屋跡地

スキップ通りビル不動産

2022年3月に紹介した、武蔵境すきっぷ通りにあったパチンコ屋の解体工事。建物の事業計画が明らかになり、複数の診療所が入る建物ができるようです。

むーなび
むーなび

機会があれば「むーなびってやつ見た」と言ってね!

地上4階建て 店舗1つ、診療所6つ

こちらの建物は元々「ジャンバリン」というパチンコ屋が入っていたビル。2020年3月に閉店後、2022年3月から解体工事がスタート。

スキップ通りビル
2022年5月撮影

事業計画によると、延べ面積約1500㎡の場所に地上4階建てのビルを建設。店舗が1つ、診療所が6つ入る予定で、予定工事期間は2023年4月末まで。

■■あわせて読みたい■■

LINEバナー

コメント

  1. どんな診療所が入るのか。
    最近クリニック系は多いですもんね。