武蔵野徳洲会病院脳卒中MRIチェックドック

自家焙煎珈琲店「andante(アンダンテ)」の究極さを追求したコーヒー【むーなびグルメ】

アンダンテグルメ
この記事は約3分で読めます。

むーなびが実際に食べたものを紹介する【むーなびグルメ】

本日のグルメ紹介は、素敵なオーナーが営む自家焙煎珈琲店「andante(アンダンテ)」のアイスコーヒー!

アンダンテ

場所は、西久保の三谷通り沿い。以前ご紹介した「ロンポワン」と「パイナップルフィールド」の丁度中間地点くらいにあります。

こちらの道は境方面。「ロンポワン」や「per sorriso(ペールソリッソ)」もありますね~

アンダンテ

反対側は、三鷹方面。「パイナップルフィールド」はこちら側にあります。

アンダンテ

究極の美味しさを追求し厳選された30種類の豆

自家焙煎珈琲店「andante」では、究極の美味しさを追求したオーナーが選び抜いたコーヒー豆30種類が販売されています。

店内に置かれた棚にはコーヒー豆が入れられており、コーヒーミルやドリップ用の器具が各所に飾られていました。

アンダンテ
店内をパノラマ撮影

豆の量り売りがメインのようで、店内で過ごしている間にも、豆購入目的のお客さんが何組も来店。

店内には席も用意されているので、焙煎したコーヒーの味をその場で堪能することも可能です。

ペットボトルで販売されているアイスコーヒーもあったので、ご自宅で手軽に美味しいアイスコーヒーを楽しみたい方にはぴったりかも!

アンダンテ

自家製コーヒーゼリーもテイクアウトできるみたい。

アンダンテ
外看板(テイクアウト安いが安い(笑))

席数は2人掛けのテーブル席が3席(店内に2席、店外に1席)、4人掛けのカウンター席もありました。

アンダンテ
アンダンテ
アンダンテ

アーティスティックなイラストや雑貨も購入可能

コーヒー豆以外にも、アーティスティックなイラストや花瓶、ポストカードや手作りマスクも販売。

アンダンテ
各コーヒーのイメージをイラストにしたポストカード andante公式HPより(一部)

カウンター席の壁に飾られたイラストも素敵でした!ちなみにこちらのイラストも購入できるみたい。

アンダンテ

豊富なメニュー

店内メニューはこんな感じ。かなり豊富ですね~

アンダンテ

今回はモカマタリ豆の「アイスコーヒー」を注文。

アイスコーヒー/モカマタリ豆

こちらのアイスコーヒーに使用している豆は「モカマタリ」。苦みが苦手な方にオススメとのことで、そちらを頂くことに。

ミルクなしで飲む方がおいしいよ~と教えてくださったので、その通りブラックのまま早速飲んでみました。

アンダンテ

苦みはあまりなく、さっぱりとした酸味が印象的。その後、ほんのりとした甘味とコクが口の中に広がっていき、その味わいがとてもおいしかった~

さっぱりとした酸味が暑い夏にもぴったり!どちらかというと酸味の効いたコーヒーが好き!という方にオススメかも~

アンダンテ

店内の様子が見えないので入店時は少し緊張しましたが、丁寧に作られたコーヒーと素敵な雑貨を楽しめる心落ち着くお店でした!

コーヒー豆についても丁寧に教えてくださるので、ご自宅で美味しいコーヒーを楽しみたい方は是非一度訪れてみてください♪

店名andante
住所東京都武蔵野市西久保2-18-3
マップ
アクセス三鷹駅徒歩12分
TEL0422-37-1612
営業時間8:00~20:00
※火は18:00閉店、木は11:00開店
定休日なし
外部リンク公式HP
※最新の情報は店舗にご確認ください。

コメント