鍼灸院コモラボバナー

吉祥寺「シフク食堂」が新オープン! アンティークな空間で“至福”な時間を

シフク食堂グルメ
この記事は約4分で読めます。
武蔵野徳洲会病院脳卒中MRIチェックドック

2021年10月15日、吉祥寺中道通り沿いに「シフク食堂」という食堂がオープンします。一足先にプレオープンにお邪魔してきたので詳細レポをお届けします!

日常の中に“至福(シフク)の時間”を届けたい

「シフク食堂」は、日常の中に“至福(シフク)”の時間を届けたい、美味しいご飯を食べて、明日に向かって元気な気持ちになれるお手伝いをしたい、という想いがつまった食堂。

オーナーさんは元々表参道のカフェの厨房で働かれていたそう。働く中で『よりお客さんとの距離が近い形で働きたい』という風に考えるようになり、今回の独立に至ったとのことです。

アンティーク家具を使用したこだわりの内装造り

食事内容もそうですが、外装・内装造りにもかなりこだわっているとのこと。入口の扉は、イギリスの蚤の市で買い付けた、推定1950~70年のイギリスの窓を使用。

Instagramより

昭和のコタツの天板を改造したテーブルに、大正時代に長崎の教会で使われていた長椅子。その他、学校の勉強椅子やアンティークチェアなどもご自身でチョイスしたものばかりだそう。

シフク食堂
店内の様子
シフク食堂
長椅子
シフク食堂
学校の勉強椅子やアンティークチェア
天井は吹き抜けになってます!

メニュー&価格

各地の産地から取り寄せた美味しい食材を使用した自家製カレーと定食をメインに、お酒と簡単なおつまみも頂ける模様。こだわりのドリンクやデザートもあるようです!

オーナーさんに伺ったところ、常に固定メニューというわけではなく、時期ごとに旬の食材に合わせた美味しいメニューを提供していく予定とのこと。

シフク食堂
メニュー(プレオープン時のメニュー)
シフク食堂
ドリンクメニュー

シフクのチキンカレー(900円)

パセリサラダ、紫玉ネギの甘酢漬け、ご飯の上にアーモンドがトッピングされた創作カレー。パクチーのトッピングもお好みでチョイスできるみたい。

シフク食堂

トマトとココナッツ、ヨーグルトをベースに水を一切使用せず調理。トマトの甘さが染み出たさら~っとしたカレーは、ちょっぴりスパイスも効いてピリ辛な味わい。チキンは柔らかくホロホロ食感。

添えられたパセリサラダは、なんとカレーと相性が抜群らしい!ごはんに混ぜて食べるのがおすすめとのこと。

シフク食堂

パセリサラダ自体は酸味が効いたさっぱりサラダ。ごはんと混ぜ混ぜし、チキンカレーと一口。甘いカレーに酸味が加わって、さっぱりとした後味に変化。

この組み合わせは新しいけど、ハーブやスパイス好きの人にはかなりハマりそう!

スパイスレモンスカッシュ(450円)

シフク食堂

瓶で漬けたレモンとクローブ(スパイス)を使用した自家製のレモンスカッシュ。レモン果実が入っているので、その実を潰して飲んでみてとのこと。

ほのかにスパイスが香り、酸味より甘味が強い味わい。ちなみに味に深みが出るように、きび砂糖を使用しているとのこと。味も濃すぎないのでゴクゴク飲めて良い。

ミント香る牛乳寒天(350円)

シフク食堂

ミントを煮出した牛乳寒天に季節のソース(今回はブルーベリー)がかかっています。食べた後にほのかにミントの爽やかな香りが広がっていく。甘さ控えめヘルシーデザートという感じ。

さっぱりした味わいなので、カレーの食後のデザートにはすごくぴったり!

場所は吉祥寺中道通り 郵便局の近く

オープンした場所は、吉祥寺の中道通り沿い、郵便局の近く。吉祥寺駅からは徒歩4分ほど。

シフク食堂
店舗正面

こちらの道は、吉祥寺駅方面。

シフク食堂

創作カレーをはじめ、頂いたメニューはどれも個性のある美味しい料理ばかり。オーナーさんとの距離も近く、お店もすごくアットホームな雰囲気で、何度も通いたくなる、通うのが楽しくなるような温かいお店でした♪

店名シフク食堂
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-2
マップ
アクセス吉祥寺駅徒歩4分
TEL0422-88-2751
営業時間11:30~14:00/16:00~20:00(平日)
11:30~20:00(土日)
定休日不定休
外部リンクInstagram
※最新の情報は店舗にご確認ください。

■■あわせて読みたい■■

コメント