武蔵野徳洲会病院乳がん検診

【こだわり溢れる】地下に隠れるおしゃれな吉祥寺パン屋「Dans dix ans(ダンディゾン)」

ダンディゾングルメ
この記事は約3分で読めます。

むーなびが実際に食べたものを紹介する【むーなびグルメ】。本日は吉祥寺のパン屋「Dans dix ans(ダンディゾン)」のお惣菜パンをご紹介。吉祥寺さんぽのお供にパンはいかがでしょうか?今回は、学生ライター まき がお届けします!

むーなび
むーなび

機会があれば「むーなびってやつ見た」と言ってね!

お惣菜パンを3種類購入!

ユゼス(300円)

ダンディゾン

今回はお散歩のお供をテーマにお惣菜系を3つセレクト。保存料を使用していないため、「高温多湿を避けお早めにお召し上がりください」とのこと。

外はサクッと、中はむちむち食感。塩漬けしてオーブンでローストした豚肉が入っている。豚肉の塩気がアクセントになり、やみつきに…!個人的にリベイクがオススメ◎パン生地はサクッと豚肉はジューシーになり、異なる味わいを楽しめる。

ピスターシュ(240円)

ダンディゾン

一粒まるまるのピスタチオがゴロゴロ入っている。主張しすぎず、ピスタチオうま味を引き出す生地。パン生地はハード系で噛みごたえあり。ピスタチオ味の甘いお菓子とは異なり、ピスタチオの味をそのまま感じることができる。ピスタチオ好きには絶対食べていただきたい一品。

クルスティヨン(180円)

ダンディゾン

バターたっぷりのデニッシュ生地で、きび砂糖の角砂糖を包んだパン。パン生地はふわもち食感で、中の砂糖がシャリっとアクセントに。リベイクすると、生地がサクッとしてまた美味しい。きび砂糖のため、優しい甘さで食べやすい◎

メニュー&店内

ダンディゾン

地下にあるとは思えないほど明るくスタイリッシュな店内。ショーケースに並ぶ様子は、まるでジュエリー店のよう。1列に並んで、順番に店員さんが取ってくれる。パンの解説も1対1で丁寧にしてくれます。コロナの影響で店内は5〜6人に制限されており、土日の昼間は数人お店の外に並んでいました。

オンラインショップもあり、ネット・電話予約して店頭受け取りも可能。来店前日正午まで予約を受け付けており、受け取りは16時までだそう。人気のパンを絶対に食べたいときは予約がオススメ!

ダンディゾン

材料を厳選してこだわり抜いた品々。特に、食パンやバゲット、カンパーニュなどが人気だそう。今回はお散歩のお供をテーマにお惣菜パンをセレクトしたが、次はお家で食べる用にお食事パンを買ってみたい。

ダンディゾン
ダンディゾン

お食事パンに合いそうなつけあわせも。お店の人がセレクトした全国各地のジャムや、ピーナッツペースト、紅茶など種類豊富。オンラインショップでも買えます。

「Dans dix ans」の場所はどこ?

ダンディゾン

「Dans dix ans」の場所は東急裏。吉祥寺駅から徒歩7分で、大正通りから一本奥に入ったところにあります。写真のように少し奥まったところにあり、看板がとても小さいので、見過ごさないように注意!

ダンディゾン

■■あわせて読みたい■■

LINEバナー
店名Dans dix ans
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28−2 B1F
マップ
アクセス吉祥寺駅徒歩7分
TEL0422-23-2595
営業時間10:00~18:00(なくなり次第終了)
定休日火曜・水曜
外部リンク公式HP
Instagram
※最新の情報は店舗にご確認ください。

コメント