丸井吉祥寺店ノートパソコン大販売会

【台湾古民家風】吉祥寺の台湾料理店「月和茶(ゆえふうちゃ)」に行ってきた

月和茶グルメ

むーなびが実際に食べたものを紹介する【むーなびグルメ】。本日は吉祥寺にある台湾料理店「月和茶(ゆえふうちゃ)」をご紹介。今回は、学生ライター sora がお届けします(*⁰▿⁰*)✳︎

台湾肉煮込みかけご飯/サラダ・スープ付(1,050円)

月和茶

魯肉飯(ルーローハン)とは、豚バラ肉を甘辛いタレでとろとろに煮込んで白飯にかけた、八角のスパイス香る台湾の定番料理のこと。脂たっぷりのお肉は本場よりかなり大きめです。お肉の下にはご飯がたっぷりなので結構ボリュームがあります。

月和茶

煮卵を割ってみるとこんな感じ。しっかり味が染みています。煮卵の隣にあるピクルスは箸休めにぴったり!セットのスープは日本ではあまり口にしない独特な味で、まるで台湾旅行に行った気分♪

LINEバナー

メニュー&店内

月和茶
反射で見づらくてすみません。。

「月和茶」は、カラダがよろこぶ台湾料理と台湾茶&點品のお店。台湾茶と台湾スウィーツ、台湾家庭料理をベースとしたオリジナルの薬膳料理を楽しめます。

ランチメニューでは、サラダやスープが付いてくるお得なセットが頂けます。

月和茶
甘味
月和茶
月和茶
月和茶
座敷

細い階段を上がった先には、台湾の古い民家を再現したという広々とした空間が。客層も様々で、ファミリーから友達同士、おひとりさまと幅広く利用されていました。

月和茶
テーブル席

座席は座敷とテーブル席があり、テーブル席側の窓からは吉祥寺の風景が見渡せ、ゆったりとした時間を過ごせます。

月和茶
お持ち帰りメニューも販売

ちなみに店名の「月和茶(ゆえふうちゃ)」は華語で『月とお茶』という意味だそう。今も月と密接な関係にある旧暦で暮らす台湾で、日常としての旧暦(月)とお茶を日本の人達にも知って欲しい、という想いが込められているんだとか。

「月和茶」の場所はどこ?

月和茶

「月和茶」の場所は東急のすぐ裏手。吉祥寺駅北口より徒歩7分で、隣にはステーキ松、向かいにはラコステがあります。

月和茶

入り口は小さく、このような細い階段を上がった先がお店になっています。お昼時はこの階段に列を作ることも。

日本にいながら台湾気分を味わいたいとき、是非訪れてみてはいかが?

月和茶
斜め向かいには東急
月和茶
向かいにはラコステ。近くには春木屋や喫茶ロゼがあります。

■■あわせて読みたい■■

店名月和茶(ゆえふぅちゃ)
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-28 2F
アクセス吉祥寺駅(北口)徒歩7分
TEL0422-77-0554
営業時間【平日】11:00~18:00(LO.17:00)
【土日祝】11:00~19:00(LO.18:00)
※ランチタイム11:00~15:00
定休日火曜
外部リンク公式HP
Instagram
※最新の情報は店舗にご確認ください。

コメント